間取りの失敗談(リビング編)

2017/11/04

リビングは家族が一番集う場所なので、一番重視される部屋だと思います。

リビ充家族って言葉もあるくらい、家族みんなの過ごす時間が一番長いのもリビングです。

 

それでは、ネットで検索した

「間取りの失敗談」(リビング編)をお伝えします!

 

 

1.明るいリビングにしたかったので、大きな窓を付けたのですが、大型テレビを置くスペースがないので困っています。

 

2.家族のふれあいを大切にしたいので、リビング階段にしたのですが、夏や冬のエアコンの効きが悪くて、失敗してしまった。

 

3.開放的なリビングにしたかったので、吹き抜けを造ったのですが、もっと冷暖房の効率も考えるべきでした。

 

4.2階には納戸やウォークインクロゼットがあるので満足していますが、リビングに収納を造らなかったので、物で溢れてしまって困っています。

 

5.リビング階段にしたのですが、子供のお友達など必ずリビングを通らなければならないので、リビングに居ても落ち着かないし、片付けなども大変になってしまった。

 

6.リビングの上に子供部屋を配置してしまったので、子供のお友達が遊びに来た時は、2階の足音が響いてしまって困っています。

 

7.広いリビングにしたつもりでしたが、大きなソファーや電子ピアノを置くと思った以上に狭くなってしまった。

 

8.一番日当たりの良い東南にリビングを配置したのですが、隣の家のリビングと隣り合わせになってしまったので、生活音が気になり困っています。

 

9.リビングの模様替えをしようと思ったのですが、コンセントとTVジャックがないので、TVの移動ができなかった。

 

10.リビング階段にしたのですが、リビングの話し声が2階まで聞こえてしまうので、後悔しています。

 

11.リビングの近くにオープンキッチンを設置したのですが、食器を洗う時にはTVのボリュームを上げないと聞こえづらいので困っています。

 

以上になります。

 

上記の失敗談から「こんな事もあるんだな~私たちは失敗しないようにしよう!」リビングを考える時の参考にして頂ければと思います。

これらの失敗談にも対応策はございますよ。

 

美樹工業の注文住宅


カテゴリー: ブログ, 失敗談, 注文住宅 姫路, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

間取りの失敗談(和室編)

2017/10/05

和室は雑魚寝をしたり、小さなお子さんの遊び部屋に使ったり客間としても利用できたり、いろいろ使える部屋の一つだと思います。

 

 

今回も、ネットで検索したものですが、

「間取りの失敗談」和室編をお伝えします!

 

① 両親や友人が泊まる時を想定して、独立した和室を造りました。しかし、実際には年に数回しか泊まらないので、普段は使わない部屋になってしまった。(マイホームは基本的に家族が使用する為の部屋を優先すべきなので、リビングと続き間の和室にすれば良かったと後悔している。)

② 客間として一番日当たりの良い場所に和室を設けました。でも実際には、日当たりが良過ぎて畳がすぐ焼けてしまった。(今は井草ではなく、樹脂と和紙を加工した丈夫で長持ちする畳もあります。)

③ リビングにお洒落な小上がりの畳コーナーを造りましたが、段差が30cmもあるので幼い子供たちは危険だし、両親から足を上げるのが大変だと言われてしまった。( 和室の小上がりをなくすリフォームは、意外に多いです。)

④ 将来、親との同居も考えてリビングと続き間で和室を造りました。しかし、実際に母親と同居することになったのですが、リビングのテレビの音や話声がうるさくて眠れないと言われてしまった。

⑤ 本格的な和室にしたかったので、床の間と広縁を造りました。でも実際には誰も使わないので、収納スペースにするべきだったと、後悔している。

⑥ 和室に憧れの堀こたつを設けました。それは、家族みんなで鍋をしたかったからです。でも実際には、ダイニングテーブルで食事しますし、堀こたつの掃除も面倒です。

⑦ 和室の腰窓の位置が高すぎました。洋室に合わせて窓を付けたのですが、和室は正座や胡坐で座るので、洋室の椅子に合わせた窓の高さだと、高過ぎることに気づきませんでした。

⑧ 和室の壁を高級感のある京壁にしましたが、年月が経つと壁からボロボロ粉が落ちるので、メンテナンス性を考えたクロスにすれば良かったと後悔している。

⑨ 両親は畳が好みなので寝室を和室にしましたが、足腰が弱いので結果的に和室でベッドを使用し寝ています。メンテナンスなど大変なので、始めから洋室にすれば良かったと後悔している。

⑩ 一部屋だけ和室を造ったのですが、時が経つと畳の表面の傷みや日焼けで、表替えなどメンテナンス費用が結構掛かることに気づきました。今はホームセンターなどで敷き畳など売っているので、全ての部屋をフローリングにするべきだったと後悔しています。

以上になります。

 

上記の失敗談から「こんな事もあるんだ。私たちは失敗しないように気を付けよう!」和室を考える時の参考にして頂ければと思っております。

 

「洗面室の失敗談」

美樹工業の注文住宅

美樹工業の施工事例


カテゴリー: ブログ, 和室, 失敗談, 注文住宅 姫路, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , , ,

間取りの失敗談(洗面室編)

2017/09/29

注文住宅は既に間取りが決まっている建売住宅や企画住宅とは違って、家族の生活スタイルに合わせて、間取りや設備など自由に出来ます。でも、間取りを自由に作れても、マイホームが完成し住み始めてから、使いづらい間取りに気づいてしまったら…

それでは、マイホームが完成する前に失敗に気づく為には、どうしたら良いのでしょうか?

マイホームを何軒も建てるわけにもいけませんし、一番良い方法としては実際に住み始めた人たちから失敗談を沢山聞く事なのですが、マイホームを建てた人から直接失敗談を聞くことはかなり気が引けますよね。

なので、私が、ネットで検索した「間取りの失敗談」をお伝えします!

 

洗面室は朝の身だしなみ・入浴前の着替え・洗濯・化粧など、さまざまな場面で使う部屋の一つだと思います。

 

それでは、「間取りの失敗談」洗面室編をお伝えします!

 

 洗面室を玄関ホールの近くに設けましたが、とても寒い空間になってしまった!

 玄関から見える位置に洗面室を設けたので、お客様が玄関に居る時にはお風呂に入りづらい。

 洗面室に大きめの洗面台を付けたので使い勝手は良かったが、洗濯機のスペースに大きめのドラム式の洗濯機が入らなかったので失敗してしまった!

 洗面室にタオルや着替えを収納できるスペースを付け忘れてしまった!

 洗面室は着替えなどする場所なので、窓を小さくしたのですが、とても暗いスペースになってしまった!

 1階に洗濯機があるのですが、物干しスペースは2階のベランダなので、重い洗濯物を運ぶのが意外と面倒に感じている。

 子供たちが幼い時は気づかなかったのですが、子供たちが中学高校に成長すると、毎朝洗面室が混雑する事に気づいた。2階にも洗面台を付けるべきだった!

 洗面室へ入るドアを開き戸にしてしまったので、使い勝手が悪い事に気づいた。引き戸にすれば良かった。

 玄関から一番遠い場所に洗面脱衣室をレイアウトしてしまい、子供たちが部活で汚れて帰宅した時は、廊下やリビングが汚れてしまうので、玄関近くに洗面脱衣室をレイアウトすべきだったと後悔している。

 洗面室に仕切りがないので、娘がお風呂に入っている時に家族みんなが洗面台を使えないことに気づいた。ロールカーテンか引き戸を付けるべきだったと後悔している。

 

以上になります。

中には、お子さんの成長により、変化する内容もあるかとは思いますが、

上記の失敗談から「こんな事もあるんだ。私たちは失敗しないように気を付けよう!」洗面室を考える時の参考にして頂ければと思います。

 

美樹工業の注文住宅


カテゴリー: 失敗談, 注文住宅 姫路, 洗面室, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , , , ,

最初の選択肢―リビング階段のメリットとデメリット

2016/09/20

「美樹工業の注文住宅」と謳って日々営業していますが、お客様のご要望をお伺いして部屋のレイアウトを進めていくと、最初に階段の位置をどうするか、という選択肢に行き当たります。

それは、リビング階段にするか、そうでないか、です。

%e3%81%82

リビング階段は、お子様が学校から帰ってきてリビングを通り、「ただいま~」「おかえり~」と声を掛け合い、階段を上がって自分の部屋にランドセルを投げだす、というような暮らしを思い浮かばせます。

とても微笑ましい光景です。

リビング階段を選択されるお客様は、子供との接点が増えることを望み、いつ子供が帰ってきたかわからない、挨拶もしない暮らしはいやだと感じられて選択されているのだと思います。

またその効果は確かだと思います。

さらに、どんなお友達が来たかもすべてチェックできるわけですから。

また、全体の坪数を少なくできるという金銭的なメリットもあります。

でも、ここでリビング階段についての2つのデメリットも知っておきましょう。

①空調の効率の悪さ

リビングと階段、2階ホールがつながっているので空調、特に暖房がききづらいのです。

冬に階段下にいると2階から冷たい空気が下りてきます。

これは1階天井にたまった暖まった空気が階段天井を伝わり、2階に逃げていくためです。

最近の住宅では、リビング・ダイニング・キッチンが一つの空間であることが多いのですが、リビング階段の場合、これに階段室、2階ホールの空間が加わるのですから、おのずと空調効率は悪くなります。

形状は違いますが、大きな吹き抜けのある家と空調効率という面では同じ状態にあると言えます。

これを避けるには、階段降り口に引き戸などを取り付けるなどの方法がありますが、階段を上がるたび、下りるたびに引き戸を開ける余計なワンアクションが必要となります。

②音やにおいの問題

これは本当にメリットの裏返しになり、個人差があるのですが、リビングが騒々しいと感じられる方もおられるのではと思います。

リビングが2階への、あるいは2階からの通り道となるからです。

また、2階ホールとリビングがつながっていますので、2階の寝室のドア1枚隔ててリビングの喧騒が存在することになります。

料理のにおいも同様です。

それをわずらわしいと感じるか、微笑ましいと感じるかは住む人の生活スタイルによって、大いに個人差があるところではないでしょうか。

私たちの仕事は、このようなメリット・デメリットをあらかじめお客様にご説明し、そのうえで選択をしていただくことと感じています。

 

美樹工業の注文住宅


カテゴリー: ブログ, 注文住宅 姫路, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , ,

美樹工業の注文住宅(mikistyle)のホームページをリニューアルしました!

2016/06/30

2016-08-04_1146

美樹工業の注文住宅(mikistyle)のホームページをリニューアルしました!

美樹工業の魅力とは

施工事例

など、魅力を伝えるコンテンツもリニューアルしました。

イベント情報などもアップしていきますので、お楽しみに!

ブログも、随時更新していきますね♪

 

姫路市の注文住宅なら美樹工業

 

 


カテゴリー: ブログ, 注文住宅 姫路  タグ:, , ,
2019年 1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • 成功する間取り作成法 129プランの特別な間取り集をプレゼントします。
  • 分譲地のご案内 自社分譲地情報
お問い合わせ・お見積もりは 0120-81-6191 【受付時間】10:00〜18:00【定休日】火・水曜日
フォームからは24時間受付中!!お問い合わせ