間取りの失敗談(リビング編)

2017/11/04

リビングは家族が一番集う場所なので、一番重視される部屋だと思います。

リビ充家族って言葉もあるくらい、家族みんなの過ごす時間が一番長いのもリビングです。

 

それでは、ネットで検索した

「間取りの失敗談」(リビング編)をお伝えします!

 

 

1.明るいリビングにしたかったので、大きな窓を付けたのですが、大型テレビを置くスペースがないので困っています。

 

2.家族のふれあいを大切にしたいので、リビング階段にしたのですが、夏や冬のエアコンの効きが悪くて、失敗してしまった。

 

3.開放的なリビングにしたかったので、吹き抜けを造ったのですが、もっと冷暖房の効率も考えるべきでした。

 

4.2階には納戸やウォークインクロゼットがあるので満足していますが、リビングに収納を造らなかったので、物で溢れてしまって困っています。

 

5.リビング階段にしたのですが、子供のお友達など必ずリビングを通らなければならないので、リビングに居ても落ち着かないし、片付けなども大変になってしまった。

 

6.リビングの上に子供部屋を配置してしまったので、子供のお友達が遊びに来た時は、2階の足音が響いてしまって困っています。

 

7.広いリビングにしたつもりでしたが、大きなソファーや電子ピアノを置くと思った以上に狭くなってしまった。

 

8.一番日当たりの良い東南にリビングを配置したのですが、隣の家のリビングと隣り合わせになってしまったので、生活音が気になり困っています。

 

9.リビングの模様替えをしようと思ったのですが、コンセントとTVジャックがないので、TVの移動ができなかった。

 

10.リビング階段にしたのですが、リビングの話し声が2階まで聞こえてしまうので、後悔しています。

 

11.リビングの近くにオープンキッチンを設置したのですが、食器を洗う時にはTVのボリュームを上げないと聞こえづらいので困っています。

 

以上になります。

 

上記の失敗談から「こんな事もあるんだな~私たちは失敗しないようにしよう!」リビングを考える時の参考にして頂ければと思います。

これらの失敗談にも対応策はございますよ。

 

美樹工業の注文住宅


カテゴリー: ブログ, 失敗談, 注文住宅 姫路, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , , , , , , ,

間取りの失敗談(キッチン編)

2017/10/15

キッチンは毎日料理する場所なので、重視される部屋の一つだと思います。

メーカーさんのショールームへ行っても、奥様のテンションが一番上がる時です。

 

今回も、ネットで検索した

「間取りの失敗談」キッチン編をお伝えしますね!

 

 作業スペースが広く取れるし、見た目が素敵なペニンシュラ型のオープンキッチンにしましたが、リビングに来客がある時には、夕飯の支度ができない事に気づきました。オープンンキッチンはキッチンのさまざまな作業が丸見えになってしまうし、私が見られたくないということに気づきました。

 

② キッチンの収納量が足りないと思ったので、床下収納庫を設置しましたが、取り出しにくいので、結局使っていません。

 

③ キッチン内の収納量の確保と、キッチン内をあまり見せたくなかったので、吊戸付の対面キッチンにしました。結果的にキッチン内が暗くなってしまったし、LDKが狭く感じたので後悔しています。

 

 キッチンの後ろに冷蔵庫を置くスペースを設けたのですが、思ったよりも狭かったので大きい冷蔵庫は購入できませんでした。

 

 キッチンの後ろに食器棚を設置したのですが奥行が450mmあり、冷蔵庫の奥行が750mmもあるので、冷蔵庫が300mmも出っ張ってしまいました。

 

 新築したら憧れの食洗器を付けたかったので、ビルトインの食洗器を付けたのですが、結局あまり使わなかったので、設備にお金を掛けてしまい後悔しています。

 

 オール電化に憧れていたので、コンロはIHクッキングヒーター・給湯器はエコキュートにしました。しかし停電になった時など使えないので不便に感じています。

 

 ダストボックス付の綺麗な食器棚にしましたが、臭いが気になるので結果的に他の場所にゴミ箱を設置してしまいました。

 

 いつもキッチンに居ることが多いのですが、レシピ・家計簿・学校の行事などまとめて作業する場所や、掲示する場所がないので困っています。

 

 キッチンは基本的に一人で料理を作る予定だったので、標準的な空間にしました。しかし娘が中学生になった事もあり、一緒に料理をして楽しみたかったのですが、キッチンスペースが一人用の標準的なスペースしかないので、後悔しています!

 

以上になります。

 

上記の失敗談から「こんな事もあるんだ。私たちは失敗しないように気を付けよう!」キッチンを考える時の参考にして頂ければと思っております。

 

美樹工業の注文住宅

 

美樹工業の施工事例

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 失敗談, 注文住宅 姫路, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , ,

間取りの失敗談(和室編)

2017/10/05

和室は雑魚寝をしたり、小さなお子さんの遊び部屋に使ったり客間としても利用できたり、いろいろ使える部屋の一つだと思います。

 

 

今回も、ネットで検索したものですが、

「間取りの失敗談」和室編をお伝えします!

 

① 両親や友人が泊まる時を想定して、独立した和室を造りました。しかし、実際には年に数回しか泊まらないので、普段は使わない部屋になってしまった。(マイホームは基本的に家族が使用する為の部屋を優先すべきなので、リビングと続き間の和室にすれば良かったと後悔している。)

② 客間として一番日当たりの良い場所に和室を設けました。でも実際には、日当たりが良過ぎて畳がすぐ焼けてしまった。(今は井草ではなく、樹脂と和紙を加工した丈夫で長持ちする畳もあります。)

③ リビングにお洒落な小上がりの畳コーナーを造りましたが、段差が30cmもあるので幼い子供たちは危険だし、両親から足を上げるのが大変だと言われてしまった。( 和室の小上がりをなくすリフォームは、意外に多いです。)

④ 将来、親との同居も考えてリビングと続き間で和室を造りました。しかし、実際に母親と同居することになったのですが、リビングのテレビの音や話声がうるさくて眠れないと言われてしまった。

⑤ 本格的な和室にしたかったので、床の間と広縁を造りました。でも実際には誰も使わないので、収納スペースにするべきだったと、後悔している。

⑥ 和室に憧れの堀こたつを設けました。それは、家族みんなで鍋をしたかったからです。でも実際には、ダイニングテーブルで食事しますし、堀こたつの掃除も面倒です。

⑦ 和室の腰窓の位置が高すぎました。洋室に合わせて窓を付けたのですが、和室は正座や胡坐で座るので、洋室の椅子に合わせた窓の高さだと、高過ぎることに気づきませんでした。

⑧ 和室の壁を高級感のある京壁にしましたが、年月が経つと壁からボロボロ粉が落ちるので、メンテナンス性を考えたクロスにすれば良かったと後悔している。

⑨ 両親は畳が好みなので寝室を和室にしましたが、足腰が弱いので結果的に和室でベッドを使用し寝ています。メンテナンスなど大変なので、始めから洋室にすれば良かったと後悔している。

⑩ 一部屋だけ和室を造ったのですが、時が経つと畳の表面の傷みや日焼けで、表替えなどメンテナンス費用が結構掛かることに気づきました。今はホームセンターなどで敷き畳など売っているので、全ての部屋をフローリングにするべきだったと後悔しています。

以上になります。

 

上記の失敗談から「こんな事もあるんだ。私たちは失敗しないように気を付けよう!」和室を考える時の参考にして頂ければと思っております。

 

「洗面室の失敗談」

美樹工業の注文住宅

美樹工業の施工事例


カテゴリー: ブログ, 和室, 失敗談, 注文住宅 姫路, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , , ,

間取りの失敗談(洗面室編)

2017/09/29

注文住宅は既に間取りが決まっている建売住宅や企画住宅とは違って、家族の生活スタイルに合わせて、間取りや設備など自由に出来ます。でも、間取りを自由に作れても、マイホームが完成し住み始めてから、使いづらい間取りに気づいてしまったら…

それでは、マイホームが完成する前に失敗に気づく為には、どうしたら良いのでしょうか?

マイホームを何軒も建てるわけにもいけませんし、一番良い方法としては実際に住み始めた人たちから失敗談を沢山聞く事なのですが、マイホームを建てた人から直接失敗談を聞くことはかなり気が引けますよね。

なので、私が、ネットで検索した「間取りの失敗談」をお伝えします!

 

洗面室は朝の身だしなみ・入浴前の着替え・洗濯・化粧など、さまざまな場面で使う部屋の一つだと思います。

 

それでは、「間取りの失敗談」洗面室編をお伝えします!

 

 洗面室を玄関ホールの近くに設けましたが、とても寒い空間になってしまった!

 玄関から見える位置に洗面室を設けたので、お客様が玄関に居る時にはお風呂に入りづらい。

 洗面室に大きめの洗面台を付けたので使い勝手は良かったが、洗濯機のスペースに大きめのドラム式の洗濯機が入らなかったので失敗してしまった!

 洗面室にタオルや着替えを収納できるスペースを付け忘れてしまった!

 洗面室は着替えなどする場所なので、窓を小さくしたのですが、とても暗いスペースになってしまった!

 1階に洗濯機があるのですが、物干しスペースは2階のベランダなので、重い洗濯物を運ぶのが意外と面倒に感じている。

 子供たちが幼い時は気づかなかったのですが、子供たちが中学高校に成長すると、毎朝洗面室が混雑する事に気づいた。2階にも洗面台を付けるべきだった!

 洗面室へ入るドアを開き戸にしてしまったので、使い勝手が悪い事に気づいた。引き戸にすれば良かった。

 玄関から一番遠い場所に洗面脱衣室をレイアウトしてしまい、子供たちが部活で汚れて帰宅した時は、廊下やリビングが汚れてしまうので、玄関近くに洗面脱衣室をレイアウトすべきだったと後悔している。

 洗面室に仕切りがないので、娘がお風呂に入っている時に家族みんなが洗面台を使えないことに気づいた。ロールカーテンか引き戸を付けるべきだったと後悔している。

 

以上になります。

中には、お子さんの成長により、変化する内容もあるかとは思いますが、

上記の失敗談から「こんな事もあるんだ。私たちは失敗しないように気を付けよう!」洗面室を考える時の参考にして頂ければと思います。

 

美樹工業の注文住宅


カテゴリー: 失敗談, 注文住宅 姫路, 洗面室, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , , , ,

マイクロバブルバスとは!

2017/06/28

マイクロバブルバスとは、小さなミクロの泡がたくさん出るお風呂のことです。

我が家にも、ついこの前やってきました。

マイクロバブルバスのスイッチを入れると、浴槽内いっぱいに細かい泡がたくさん出てきて、

ミルク風呂のようになります。

  

マイクロバブル(直径わずか1/1,000mmの小さな泡)で満たしたお風呂に入ることで、

お肌や毛穴の老廃物・皮脂・汚れといったものを取り除いてくれます。

その滑らかな肌触りは、まるで自宅にいながらにしてお風呂でエステを受けているような感じになり、

贅沢な気分に浸ることが出来ます。

マイクロバブルを発生させる装置を販売されているのが株式会社サイエンスさんで、

商品名は「マイクロバブルトルネード」。

この商品は、あらゆるメーカーのユニットバスに取り付けることが可能なので、

新築時だけでなく、既設のお風呂にも設置することが出来ます。

マイクロバブルトルネードは、過去に 吉本の美容番長シルクさんのブログや、

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがシュノーケルをしてマイクロバブルバスに入浴される写真を

インスタグラムで公開されご存知の方もいらっしゃられるかもしれません。

 

マイクロバブルバスの効果として

◎お風呂に入るだけで、健康的でつややかな美肌に

洗浄力が高いので、石鹸では取りにくい汚れも落としてくれる。

ゴシゴシと洗わなくても大丈夫で、石鹸不要になるため敏感肌の方にも適している。

石鹸がいらないので、しっとりツヤツヤな肌の潤いがキープされ保湿力があがる。

皮脂汚れや古い角質もさっぱりと洗い流してくれる。

◎体臭・汗の臭いの対策

毛穴の汚れもしっかり取れるので、体臭や汗の臭いを除去する効果があり、

スポーツなどで汗をかくことが多い方や、加齢臭が気になってきた方にも最適。

◎体が芯まで温まる

身体中の毛穴に入り込んだマイクロバブルが弾ける際に程よい刺激を与え、身体の芯から温まる。

湯冷めしにくく、毎日温泉に入ったような気分を味わえる。

冷え性でお悩みの方にもお薦め。

マイクロバブルバスは、このような方にもおすすめではないでしょうか。

・敏感肌の方、アトピーや敏感肌の方

・石鹸が不要になり、お肌に負担がかからないので、安心して入浴出来ます。

・保湿力が高まるので、乾燥肌の方にも。

・高齢者の方、介護が必要な方

ミクロの泡につかっているだけで身体にたまった老廃物を落とせるので、介護をする方の負担も軽減されます。

 

マイクロバブルのデメリット

・老廃物が落ちるので、湯船に老廃物が浮く。

私は目の小さな網を用意して、湯船につかりながらとってます。

・音が気になる。

本体自身は浴槽内部に埋めこまれていますが、

マイクロバブルを発生させる際はモーターが動くので、音はします。

お肌の弱い方は、一度検討されてみてはいかがですか?

 

美樹工業の注文住宅

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 注文住宅 姫路, 美樹工業  タグ:, , , , , ,
2019年 1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • 成功する間取り作成法 129プランの特別な間取り集をプレゼントします。
  • 分譲地のご案内 自社分譲地情報
お問い合わせ・お見積もりは 0120-81-6191 【受付時間】10:00〜18:00【定休日】火・水曜日
フォームからは24時間受付中!!お問い合わせ