梅雨に入りました!結露対策はいかがでしょうか?

2017/06/15

ここ近畿地方でも6月7日ごろ梅雨入りいたしました。

平年ですと7月21日ごろ梅雨明けの予定ですから、ひと月半は車を運転するにも注意が必要です。

さて、家の結露ですが、やはり湿度が増すと結露が起きやすくなるのは言うまでもないことです。

部屋の湿度は、エアコンの除湿を使うことで下げることができます。また、窓のスペックを上げることで窓に付着する湿度を大幅に減らすことができます。

私どもとしましては樹脂サッシをお薦めしております。ご予算的に難しい場合でも、家の内部が樹脂・外側がアルミの半樹脂サッシをお薦めします。

半樹脂サッシであっても窓に付着する結露は激減します。また、断熱性能が上がりますので、各部屋の温度差が小さくなり、ヒートショックが起きにくくなります。

では、壁の中の結露はどうしましょうか?

通常の断熱材では、壁内結露に対処することはできません。何らかの対策をしないと構造材が湿気を吸い込み腐朽菌を呼び込みます。これが日本の家の寿命が短い原因です。

私どもは、断熱材に《セルローズファイバー》をお薦めします。

セルローズファイバーの材料は、紙、パルプです。パルプの中のセルロースが吸湿、放湿する機能を持っていますので、壁内の湿度を調整し、構造材の健全な状態に保ちます。これが家を長持ちさせます。

ちなみに、家一棟分のセルローズファイバーがこちらです。

これを隙間なく吹き込みます。隙間があってはけませんので、施工業者は講習を受けます。

従来の断熱材はマットを敷き詰めるものが一般的でしたが、その方法だと継ぎ目から熱が逃げてしまうという欠点がありました。

セルローズファイバーは断熱材を専用マシンで適正密度に吹き込む工法を採用、小さな隙間にも入り込み、壁・天井を隙間なく包み込みます。

専門業者が施工しますので、隙間のない施工が可能なのです。一般的なマットの断熱材は大工さんが貼り付けます。

セルローズファイバーを導入していただいたお客様にお聞きしますと、『リビング階段の家でも冬に2階から冷たい空気が降りてこない、それと防音効果がすごい!』とのうれしい感想をいただいております。

ぜひ皆様に知っていただきたい断熱材です。おすすめです。

 

美樹工業の注文住宅

 

 


カテゴリー: ブログ, 注文住宅 姫路  タグ:, , , , ,

健康・快適な暮らしにはこの窓、この断熱材がおススメ!

2016/10/29

先週末の10月22・23日、加西市にて完成見学会を開催させていただきました。

お引き渡し後の物件だったのですが、お施主様のご厚意により、たくさんのお客様にご来場をいただきました。お施主様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

%ef%bd%8a

%ef%bd%8b

今回、美樹工業が提案する「健康でローエネルギーな暮らし」として

・断熱材

・窓

の2点をご案内させていただきましたので、簡単に紹介させていただきます。

 

%ef%bd%8c

%ef%bd%82

なぜ「断熱材と窓」が大事なのかといいますと、

これから迎える冬の寒さを想像していただくとわかりやすいのですが、「家の中の寒さをどう解決するのか」が重要です。

誰でも寒いのは嫌ですよね。

手っ取り早い解決方法は「エアコン、ストーブなど」の暖房器具ですが、「乾燥しすぎ」や「結露(カビやダニの原因となります)」、そして「電気料金、ガス代、そして灯油代」などの料金がビックリするほど高くなります。

 

実際、今回ご来場いただきましたお客様からも、「今の住まいでの不満な点」をお聞きしますとほとんどの方から「窓の結露」というお答えをいただきました。

 

「いやいや、寒ければ厚着すればいい」という方もいらっしゃいますが、流石に家の中で毛糸の帽子にダウンというのは・・・・。

 

そこで、「健康(乾燥や結露とはサヨナラ)でローエネルギー(最小限の暖房機器)な暮らし」のご提案となります。

 

まずは「窓」です。

新築住宅を考える場合「ペアガラス(2重)」や「Low-eガラス」はもう当然のことです。

 

今回、私達が提案するのは、ズバリ「YKKのAPW430」という商品です。

 

この商品は、単純に「ガラスが3枚でフレームが樹脂である」というだけではなく、「断熱性能、デザイン、メンテナンス性」の全てにおいて、現時点での最新、最高ランクの商品です。

ただし、この窓を採用するだけで「冬は暖かく、夏は涼しく」なるわけではありません。

お客様の土地に合わせてプランを検討し、方位、日当たり、風通しや間取りに合わせた最適の形状の窓をレイアウトしなければ、本来の性能を発揮することができません。

 

また、「窓」だけでなく「壁」からも熱は逃げていきます。

 

気が付きにくいですが、実は壁の中も結露する場合があります。

 

そこで、壁の断熱材で今、一番のお薦めは「セルローズファイバー(セルロースファイバーともいいます)」です。

一般的な断熱材は「袋に入った黄色いウール状の化学繊維。縦長の布団みたいな商品」です。

それに対して、セルローズファイバーは新聞紙を原料とし綿状に粉砕した断熱材です。かなり有名な商品なのでご存じの方も多いと思われます。

 

この商品の特徴は、原料が新聞紙=木材と自然素材なので「環境に優しく、健康的」であり、綿状で吹き込んで詰めていくので「隙間がない精度の高い断熱効果」、そして最大の効果が防音性です。あえて防音性を重視してピアノなど楽器を演奏する部屋の壁に施工いただく場合もあります。

 

ただし、紙なので「燃えやすいのでは?」と思われる方もいらっしゃいますが、我が社が採用している「スーパージェットファイバー」は、「燃えにくい」ので「延焼を防ぐ効果」もあり、さらに「有毒なガスの発生」もありません。

 

「建設地の広さや陽当り」など色んな条件がありますが、この組み合わせをご検討いただくことで「快適で健康的でローエネルギーな生活」を手に入れることができます。

 

特別な仕様の商品だと思われている方もいらっしゃると思いますが、これからの基準は、この商品並みの性能、そして家全体の断熱性能など、さらに厳しく高性能になっていきます。

正直、ローコスト住宅では出来ない性能です。

 

建築コストはアップします。

 

ただし、キチンと計算された高性能な住宅の場合は、ご入居後のランニングコストはローエネルギーになり、健康な生活になりますので、トータルコストでは懐、心、人、そして地球に優しい住宅になると思います。

 

美樹工業の注文住宅

 


カテゴリー: ブログ, 注文住宅 姫路, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , ,

【注文住宅】おすすめの断熱材セルローズファイバーについて

2016/07/23

現在、上棟が終わり、断熱工事に入っているお客様の施工例をご紹介いたします。

今回採用させて頂いた断熱材はセルローズファイバーです(私が一押しの断熱材です!!)。

 

まず、柱・間柱間にシートを張り、その中に空気と一緒にセルローズファイバーを圧送して吹込んでいきます。

セルローズファイバー

このシートが細かくあんである為、圧送した空気を外へ逃がし、セルローズファイバーだけが残り、パンパンになるまで吹込めるって訳です(密度の高い断熱材になる訳ですね)。

 

吹込んでる断熱材が、これです↓↓↓

セルローズファイバー

原料は、新聞紙などのリサイクルペーパーです(エコですね)。

 

もちろん、誰かが読んだ後の新聞などではなく、販売店などで売れ残った新品ものです。

 

シートが、こんもりしてるのが分るでしょうか?

セルローズファイバー

吹込みに使った穴は、同じシートで塞ぎます。

セルローズファイバー

セルローズファイバーの良い所は、

 

◎断熱効果、◎防火効果、◎防音効果、◎防虫効果、◎調湿効果に優れているところです。

 

冬あたたかく、夏すずしいお家を検討の方、セルローズファイバーを採用されてみてはいかがですか?

 

 

注文住宅なら美樹工業(ミキスタイル)

 

美樹工業の魅力とは

 

 


カテゴリー: セルローズファイバー, ブログ, 注文住宅 姫路  タグ:, , , ,
2019年 3月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 成功する間取り作成法 129プランの特別な間取り集をプレゼントします。
  • 分譲地のご案内 自社分譲地情報
お問い合わせ・お見積もりは 0120-81-6191 【受付時間】10:00〜18:00【定休日】火・水曜日
フォームからは24時間受付中!!お問い合わせ