間取りの失敗談(和室編)

2017/10/05

和室は雑魚寝をしたり、小さなお子さんの遊び部屋に使ったり客間としても利用できたり、いろいろ使える部屋の一つだと思います。

 

 

今回も、ネットで検索したものですが、

「間取りの失敗談」和室編をお伝えします!

 

① 両親や友人が泊まる時を想定して、独立した和室を造りました。しかし、実際には年に数回しか泊まらないので、普段は使わない部屋になってしまった。(マイホームは基本的に家族が使用する為の部屋を優先すべきなので、リビングと続き間の和室にすれば良かったと後悔している。)

② 客間として一番日当たりの良い場所に和室を設けました。でも実際には、日当たりが良過ぎて畳がすぐ焼けてしまった。(今は井草ではなく、樹脂と和紙を加工した丈夫で長持ちする畳もあります。)

③ リビングにお洒落な小上がりの畳コーナーを造りましたが、段差が30cmもあるので幼い子供たちは危険だし、両親から足を上げるのが大変だと言われてしまった。( 和室の小上がりをなくすリフォームは、意外に多いです。)

④ 将来、親との同居も考えてリビングと続き間で和室を造りました。しかし、実際に母親と同居することになったのですが、リビングのテレビの音や話声がうるさくて眠れないと言われてしまった。

⑤ 本格的な和室にしたかったので、床の間と広縁を造りました。でも実際には誰も使わないので、収納スペースにするべきだったと、後悔している。

⑥ 和室に憧れの堀こたつを設けました。それは、家族みんなで鍋をしたかったからです。でも実際には、ダイニングテーブルで食事しますし、堀こたつの掃除も面倒です。

⑦ 和室の腰窓の位置が高すぎました。洋室に合わせて窓を付けたのですが、和室は正座や胡坐で座るので、洋室の椅子に合わせた窓の高さだと、高過ぎることに気づきませんでした。

⑧ 和室の壁を高級感のある京壁にしましたが、年月が経つと壁からボロボロ粉が落ちるので、メンテナンス性を考えたクロスにすれば良かったと後悔している。

⑨ 両親は畳が好みなので寝室を和室にしましたが、足腰が弱いので結果的に和室でベッドを使用し寝ています。メンテナンスなど大変なので、始めから洋室にすれば良かったと後悔している。

⑩ 一部屋だけ和室を造ったのですが、時が経つと畳の表面の傷みや日焼けで、表替えなどメンテナンス費用が結構掛かることに気づきました。今はホームセンターなどで敷き畳など売っているので、全ての部屋をフローリングにするべきだったと後悔しています。

以上になります。

 

上記の失敗談から「こんな事もあるんだ。私たちは失敗しないように気を付けよう!」和室を考える時の参考にして頂ければと思っております。

 

「洗面室の失敗談」

美樹工業の注文住宅

美樹工業の施工事例


カテゴリー: ブログ, 和室, 失敗談, 注文住宅 姫路, 美樹工業  タグ:, , , , , , , , , ,
2019年 3月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 分譲地のご案内 自社分譲地情報
お問い合わせ・お見積もりは 0120-81-6191 【受付時間】10:00〜18:00【定休日】火・水曜日
フォームからは24時間受付中!!お問い合わせ